SOLAR3RD インタビュー掲載

私が所属する惑星詩人協会のWebマガジン SOLAR3RD にインタビューが掲載されました。

占う人たち:牟礼菊乃 | SOLAR3RD

  About Fortunetelling ✓ 占いをはじめたきっかけは? 17歳のとき、とりあえず魔術を体験してみたくてルーンストーンを作ってみたのが始まりです。シンプルなデザインと解釈が初心者にはうってつけで、日々おみくじをしたり、引いたルーンをベースにシジルを書いたりしていました。数ヶ月後、西洋占星術に興味を持ちます。データ的に写し出される星図から様々な物語を読み取れることが面白くのめり込みました。 ちなみにその当時はなぜかタロットやルーンは自分の柄に合わないと感じていて、占星術とか数秘術とか、結果がデータのように表れるタイプのものを好む傾向にあったようです。でもだんだん占星術の世界観が解っていくうちに『この星を活かすためには?』というワークをやってみたくなって。そのワークの補助として何か別の占いをくっつけたくて手を出したのがタロットでした。これがたしか2017年の夏過ぎくらいのことです。 とにかく絵柄が素敵だったこと、バンギさんやEcstasy Tarotbladeのお二人など周りの人がよく使っていたことから、デッキはトートタロットを選びました。現在もトートタロットをメインに実践しています。   ✓ 占いのスタイルは? 通常セッションもSYNCHROOMも占術はトートタロットです。超自然的なイメージから占い=未来予知のように捉える方も多いかもしれませんが、本来は 現状を客観的に洞察する瞑想のようなものだと考えています。そのため、ただ結果をお伝えするだけでなく「ではどうするか」にもフォーカスし、行動やその意志を引き起こすまでをゴールとしています。 また引いたカードをお見せしながらご相談者様と一緒に読み解いていくことも特徴です。恋愛やご家族関係の占いで相性などを見る場合は西洋占星術を用いることもあります。ホロスコープチャートでその人の基盤を知ってからカードを読むと、より具体的なアプローチをご提案することが可能です。今は西洋占星術は公式メニューにありませんが、需要があれば今後オプションに追加するかもしれません。 セッション形式は

SOLAR3RD

SYNCHROOMの成り立ちなどについてもお話ししています。

ぜひご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000